人生を変えた場所『ReaL』

LINEで送る
Pocket

皆さんお疲れ様です。ReaL5期生Y大学のKです。今回のblogは私が担当させて頂きます。

何かしないといけない。焦りを感じ昨年の1月から就職活動に取り組み始めました。ReaLに出会ったのは昨年の2月。山口で開かれたセミナーに参加した事がきっかけでした。とにかく情報が欲しいと思い、就職活動のテクニックを学ぶ為に参加しました。

そこでは「衝撃」の一言でした。高いコミュニケーション能力、積極性、笑顔、自信。参加しているReaL生は自分の想像をはるかに超え、すでに同期でこんなにも差がついているのかと、驚愕しました。その後セミナーを通して行くうちに、この場所でもっと沢山のことを学びたい、自分自身をもっと成長させたいと考え、入ゼミを決めました。

セミナーの中で様々な事を学んできましたが、私が一番印象に残っているセミナーがあります。それは「本気の自己紹介」です。これはReaLの仲間の前で本気で自己紹介をする物です。聞く側は、その人の本気度が伝わってくるかどうかで評価します。私はこのセミナーで上手く自己紹介をする事が出来ませんでした。言葉は詰まってしまい、話している最中に何を話しているか分からなくなりました。ただ、評価されたいという想いで勢いだけで自己紹介を終えました。「絶対に悪い評価をされてしまう」と思っていた私の考えとは違い、周りはよかったと評価して下さいました。


私は面接では、落ち着いて、詰まらず、時間内に行う事こそが大事だと考えていました。しかし、面接には「熱意」が最も重要なのだと学びました。人と話す事は練習すればある程度上手になります。しかしこの「熱意」はReaLの仲間たちと共に競い合い、助け合ってきたからこそ得たものだと思います。この「熱意」は私自身の人生をより良いものに変えてくれました。

「行動」それがReaLで最も成長した事です。

私は昔から頭で考えてもそれを行動になかなか移せない人間でした。それが変わったきっかけが昨年の3月10日に東京で行われたReaLcafeに参加した事です。たまたま、就職活動で東京に行く予定があった為、代表の西村さんに「参加してみてはどうですか?」とお誘い頂いたので、その足で参加しました。「沢山の人と出会いたい」と言ってた私ですが、なかなか行動できていませんでした。このReaLcafeに参加したことで、東京の同期から新たな刺激を得る事が出来ましたし、なにより新たな人と出会う喜びを実感しました。
それからというもの、代表の西村さんからアドバイスを頂き、OG、OG訪問を重ね、様々なセミナーに参加し、自分から「行動」する事が出来るようになりました。1つのきっかけで人生は変わるのだと、改めて感じました。

これから就職活動を迎える学生のみなさんは不安で一杯だと思います。だからこそ、一言。誰よりも自分が一番楽しんで下さい!

就職活動は自分のこれからの人生を大きく左右するイベントです。住む場所も決まれば、住む家、結婚相手まで決まることもあります。就職活動は他の誰でもない自分の為にやるべきだと思います。だからこそ、楽しんで下さい。沢山の人と出会い、一生の仲間を作り、たくさんの思い出を作って下さい!


実践型就活&キャリアデザインゼミナールReaL

実践型就活&キャリアデザインゼミナールReaLは、高校2年~大学4年を対象にコミュニケーション能力、語彙力、人間力を鍛える実践型就活&キャリアデザインゼミナール。机上の論理を学習する大学の講義形式ではなく、リアルな就業現場見学、各業界のビジネスパーソンとの勉強会、実体験に基づいた企業研究、将来のキャリアデザインを行ったうえで納得した内定取得98%の成果をあげ、11年間で900名以上の社会人を輩出している画期的なゼミナール。