山口ReaL

山口unit「Do one thing every day that scares you. ~挑戦~」
下関unit「Inspire together」

山口ReaLは2015年、山口市の大学の学生を中心に立上げ。
企業様とのイベントも積極的に行い、地力は日本一と言っても良いでしょう。
現在は30名近い学生が所属しているため、山口unitと下関unitに分割しながら活動、お互いのシナジーを楽しみながら活動しています!

山口unit 学生代表より

山口ReaL山口unit代表の細田楓佳です。

私は2021年9月、人間関係や就活に行き詰まり自分に自信が持てず悩んでいた時期に、「キックオフ」をきっかけにReaLに出会いました。
オンラインでの開催のため、画面越しではありましたが、ReaLで頑張っている皆がとにかく明るく輝いて見え、私も今の自分を変えたい、自信を持てるようになりたいと強く感じ、入ゼミを決意しました!

ReaLに入って半年が経ちますが、これまでReaLcafeの運営や様々なコンテンツへの参加を通して、「挑戦」を楽しい!と感じることが出来るようになったことが、今の私にとって一番の成長です。

残り1年、挑戦したいことはまだまだたくさんあります!
就職活動だけでなく、社会人になった時に活躍していけるように、自らのスキルアップのためにも、ReaLとい場所を最大限に活用していこうと思っています!!!

一緒に就職活動を頑張る仲間が欲しい、伝える力や企画力など自らのスキルを向上させたいけれど何をしたらいいのかわからない…。そんな思いを抱えるそこのあなた!

私達のようにReaLに一歩踏み出し、一緒に奮闘してみませんか。

Do one thing every day that scares you.

些細なことから大きな目標まで、自分にとっての「挑戦」を毎日積み重ねていく。

そんなスローガンを掲げ、山口unitはこの1年、互いに刺激し合いながら成長していこうと考えています。

そしてこれを読んでいる皆さんの「挑戦」を、いつでも待っちょるよ!!

2022年度 山口ReaL山口unit代表
細田 楓佳

山口unit 学生副代表より

皆さん初めまして!
山口ReaL山口unit副代表の守安紘規です!

ReaLに入ったのは、2021年6月のReaL Caféに、先代代表に誘っていただいたことがきっかけです。
そのReaL Caféに参加していたReaL生は、誰もが就活に本気で向き合っていて、就活のさらにその先を見据えていて、「この人たちのようになりたい!」と思いました。

もう一つ大きな理由として、何か難しいこと・苦手なことに取り組む際、一人でやっていると断念してしまうことがありました。
そんな自分のお尻に火をつけてもらおうと、意を決して入ゼミしました。

副代表に立候補したのは、自分自身のお尻につけた火をさらに燃え上がらせたかったから。
特に素晴らしい理由があるわけでも、明確に見据える未来がすでにあるわけでもありません。

きっかけはどんな些細なことでも、明確な理由があるものでも、他力本願でちょっと情けなく聞こえるようなものでも構いません。

ReaLでは、社会人の方と実際にお話ししたり、就活のイベントを運営したり、実際に企業の方に営業をかけたりといった、社会人に限りなく近い経験を積むことができます!

長所を伸ばしたい、弱みを克服したい、今までにない「何か」を生み出したい、ReaLはあらゆる挑戦を受け入れてくれます。
全ての挑戦は必ず、あなたの糧となります。

一緒に挑戦しましょう。
ともに高め合いましょう。
それを叶えるだけの「ヒト」・「モノ」がここにはあります。

あなたの挑戦を、日本中、そして世界の仲間たちが待っています。

2021年度 山口ReaL山口unit副代表
守安紘規

みなさんこんにちは!
山口ReaL山口unit副代表の羽田野音和です。

2021年12月よりこのReaLに入ゼミをし、月日は浅いながらも副代表に立候補しました。

ある企業様のインターンシップに参加したことをきっかけに、ReaLとここにいるみなさんの存在を知りました。
同じ就活生がインターンシップを企画し、運営する姿に驚き、強い刺激を得たことを覚えています。
その後、すぐにReaL caféに参加し、本当に楽しくて、こんなに楽しそうに切磋琢磨している人がいるのだと嬉しくなって、“挑戦しよう”と入ゼミを決めました!!

副代表に立候補したのは、この山口ReaL山口unitでできることが“もっと”あるのではないかと思ったから。
ReaLは“もっと”盛り上がれる。
みなさんも“もっと”成長できる。

山口unitスローガン

「Do one thing everyday that scares you. ~挑戦~」

「あなたが恐れている事を毎日一つ行いなさい。」

by Eleanor Roosevelt(エレノア・ルーズベルト)

あなたは毎日、自分を褒めていますか?
褒めてください。
挑戦し、反省し、褒めてください。
それが自信につながります。

どんな些細なことでも挑める、そして挑み続ける場所にしてください。
どんな小さなことでも挑める、そして挑み続けるみなさんを全力で支え、応援します。
全力で、みなさんの目標達成の協力者になります!!

たくさんの仲間とお会いできることを楽しみに、お待ちしております!

2022年度 山口ReaL山口unit副代表
羽田野 音和

 

下関unit 学生代表より

みなさんこんにちは!

山口ReaL下関Unit12期薄波航太郎(さざなみこうたろう)です!

私のReaLとの出会いは遡ること約1年半前、大学1年生の夏になります。
当時はコロナの影響で大学に通うことができず、ひとり暮らしの私にとって人と会話する機会が全くありませんでした。

そんな中、SNSで見つけた“全国3地域合同オンラインイベント”の文字。
人と会話したくてたまらなかった私は、飛びつくように参加を決意します。

このイベントで私は衝撃を受けます。
参加していたReaL生のなんとレベルの高いことか!!

繰り広げられる論理的で議論の数々。
司会、タイムキーパーなど役割が明確化されイベントがスムーズに進行する運営。

一瞬でReaL という組織に惹かれ、自分もこうなりたいと先輩方が憧れの対象となりました。

現在、代表やさまざまなイベントの企画運営、ミーティングのファシリテーターを務めさせていただいている私ですが、入ゼミ当時は本当に自己表現が苦手でした。

意見を発するにも、本当に自分の意見が役に立つのか不安になってしまい口を閉ざしてしまうことも多々ありました。
また発言しても自分の意見は正しかったのか考え込んでしまい、一人眠れなくなるなんて夜も。

そんな私でしたが、今では「人に伝える」ことが楽しくて仕方ありません。

このような劇的な変化があったのは何を隠そうReaLでの活動があったからこそです。

ReaLでは「人に伝える」ことを何よりも重視しています。

意見が正しかろうと、そうでなかろうと必ずReaL生は拍手で受け入れてくれます。
さらに、必ず反応してくれるのでどんどん深掘りができます!

このように学生同士が積極的に意見を出し合い高めあえる環境はReaLしかありません!

4年間しかない大学生活の中で「自分に何ができるかな」と不安に思っている時間はありません!

あなたもこのReaLでさまざまな経験を通して大きく成長しましょう!

2022年度 山口ReaL下関unit代表
薄波 航太郎