島根ReaL

モアイ~1人ひとりの力・同じベクトル~

島根ReaLは2015年、島根大学の学生を中心に立上げ。
現在は島根県全域の大学生でチームを組み、グループワークやディスカッションを行い、中国地方イチのコミュニケーション量を目指しています!

学生代表より

こんにちは!島根ReaLの代表を務めています!高倉雄太と申します⛩🐇
水の都「松江市」でのびのびと過ごしています😊

ReaL・島根ReaLに興味を持ってくれてだんだん!
島根ReaLは4年生7名、3年生6名、2年生2名で活動しています!
メンバーそれぞれに素敵な個性があり、アットホームな雰囲気のチームです!
でも!やる時は本気で!熱く!みんなでやるのが島根ReaLです🔥

私のReaLへの入ゼミの決め手はズバリ、

  • 公務員以外の職業を知り、就職活動の視野を広げたかったから
  • 強烈な対人関係へのコンプレックスを克服したかったから

(大学では歴史を勉強しているので、将来役に立つのかな?このままじゃヤバい!?と内心すごく焦ってました笑)

ここ、ReaLでは代表である西村さんに加えてOBOGの方々との個別面談を通して、キャリアデザインを練っていくことができます✏
さらには、就職活動の不安ごとを相談したり恋愛相談に乗ってもらったりもしちゃってます🙊
また、島根ReaLで行うイベント「島根ReaLcafe」では島根ReaLのみんなと楽しく意見を交換したり、学びを深め合っています!
実際に、これらの活動を通して私がReaL入ゼミ前に抱えていた大きな悩みを前向きにとらえることができるようになりました💡

ここで、ほんのちょっとでも気になってくれた皆さん!
ぜひ1度見学に来てみてください!
そして、私たちと一緒に楽しく・全力で成長していきましょ~💪

島根ReaLに遊びにきてごせ!
皆さんとお会いできることをとてもとても楽しみにしてます😊

2021年度 島根ReaL代表
高倉 雄太

学生副代表より

島根ReaL副代表の槇野優健です。

私は大学3年次の8月に入ゼミしました。
入ゼミの決め手は「多くのことに挑戦し、自分を高めたい!」と考えたことです。

当時、就活に対して漠然とした考え方しかなく、「本当に大丈夫なのかな?」と強い不安を抱えていました。
そんな時、ReaLという団体を知り、就活だけでなく、その後の社会人生活、そして今の大学生活にも活きる力が身に付くと思い、そうした環境の中で挑戦したいと思い入ゼミしました。

入ゼミした当初は同じ大学の人もおらず、みんなの発言のレベルの高さや考え方、雰囲気作りについていけるのか、そして馴染めるのかとても不安でした。

しかし、月に1度のオンラインクラスでの意見交換、その中でクラス長をすることで得たチームマネジメント力、また他地域イベントでの交流を通してのコミュニケーション能力・語彙力の向上、イベント運営の進め方、人脈、時間の管理の仕方…
など、入ゼミ後に自ら色んな場所に飛び込み挑戦して得られたこと・学んだことは数え切れません!!
実際、日頃関わることのない全国の大学生の人たちと時に協力し、時に競い合い、多くの刺激を受けながら自分の良さを伸ばしつつ足りない力も身に着けていっています。

そうした挑戦による経験から、みんなを支えることで自分のいる島根ReaLをより明るく盛り上げていくことに挑戦したいと思い、副代表に立候補しました。
ReaLには、熱い気持ちをもって万進し、それを共有してくれる仲間がたくさんいます。

少しでも、「今のままでいいのかな?」「何かに挑戦したい!」「成長したい!」という気持ちがある方、ReaLに興味を持たれた方、私たちと一緒に多くのことに挑戦していきましょう!

2021年度 島根ReaL副代表
槇野 優健