大阪ReaL

笑売繁盛 ~笑いもキャリアもスベらんで!〜

こんにちは。大阪ReaLです!
私たち大阪ReaLは現在、大阪、京都の大学生6名で構成されており、社会で活躍する人となるため、日々活動しております。
大阪ReaLは2018年度からスタートしたまだ非常に若いチームでございまして、まだ小さなチームですが、他の地域に負けじと少しずつ成長しているところです。
“笑い”の地域、関西ということで、私たち大阪ReaLではReaLのフィロソフィーの中でも、“楽しむ”ということに重点を置いて、活動していこうと思ってます。関西という地域で、多様な学生が楽しみながら成長できる場にしていけるよう活動していきますので、どうかよろしくお願いいたします。

学生代表より

Start ~0or1~

こんにちは。大阪ReaL代表の立命館大学大学院政策科学研究科M1の長谷川輔と申します。

今年から大学院進学で宮崎から大阪に参りました。 私は昨年度まで宮崎ReaLの代表としてReaLで活動しておりましたが、進学と合わせて大阪ReaLの立ち上げをこの度させていただくことになりました。

大阪といった都会はほとんど初めてではありますが、関西の少しでも多くの学生が、自分が納得する進路を実現し、社会で活躍するきっかけを与えることができるよう、これから大阪ReaLの代表として活動して参りますので、よろしくお願いいたします。

2018年度 大阪ReaL代表
立命館大学大学院
長谷川 輔

メンバー紹介

こんにちは。同志社大学 文学部哲学科4回生の加藤向陽と申します。
京都と浅草で人力車を引いているときに、旅行中の西村さんと、京都で運命的に出会い、ReaLに入ゼミすることになりました。

私は元々教員志望でした。大学の四年間は教員になるため一生懸命頑張りました。そんな教師志望の私がメディア業界を目指した大きなきっかけは、米国留学でのスピーチコンテストです。そこで、改めて「伝える」ということの意味を考え、教育ではなくメディアを通して「伝える」ことをしたいと思いました。
私は今年の春前にアメリカから帰国しました。ですが、この大阪から世界で活躍できる人間になるために、この大阪という熱い都市でReaL生として頑張りたいと思います。

近畿大学 総合社会学部 総合社会学科
環境・まちづくり系専攻 4年生
東森 啓と申します。

ReaLに入ゼミしたきっかけは、就職活動の3月に現大阪ReaL代表長谷川輔さんから来た1本の電話でした。大学3年生の時に参加をした、持続可能なまちづくりを実践してるドイツやフランスの街を見るツアーで、長谷川さんと知り合いました。就職活動に対して不安を抱えていた私にReaLの存在を教えていただいたことは、本当に良いタイミングだったと思います。

大阪ReaLの活動では、将来社会人として充実した日々を過ごすため、自分の持つ力を最大限に発揮できる機会を活用し、他の学生にもそういった場を提供していきたいです。

こんにちは。近畿大学3年橋永 優生です。

友人に勧められReaLを知り体験に行きました。そこでは大学では学ぶことのできない多くのことを経験でき、将来の自分のキャリアをデザインできます。私は仕事という大きな枠組みの中で実際に社会人と関わり具体的な社会の“ReaL”を知ることができました。

就職で内定を取ることが目標ではなく就きたい仕事で自分が輝けるために今から社会経験をいち早く体験できるのがReaLの強みです。またReaLは日本の様々な拠点からお互いに志高い仲間と繋がることでよりレベルアップできます。

ぜひ私たちと全国のReaL生と一緒に自分磨き、社会経験からワクワクする将来を作りましょう!