長野ReaL

共に創る

長野ReaLは2015年、信州大学の大学生が中心となって発足。松本市、長野市、上田市の主要3地域の大学生がテーマに沿ったディスカッションや就職活動・キャリアについてインプットとアウトプットを繰り返しています!

学生代表・副代表より

今年の長野のスローガン「共に創る」
私は、僕らのメンバーのやりたいことを形にするための土台作りをしています。

このスローガンを実現する活動のひとつとして、月1回のReaL cafe meetingの運営をメンバーがおこない、長野ReaLを創りあげています。

2020年度 長野ReaL代表
中村 純也

【美しい身のこなしのためには、決して一人で歩むことがないと知ること。】

これは、女優として、母として、ユニセフ親善大使として世界中の人々に愛を注いだ、オードリー・ヘプバーンの名言です。私は自分自身を奮い立たせる時に、偉人や特に女性で活躍された方の言葉を借りることがあります。

皆さんも悲しい時や苦しい時、友達や家族、学校の先生の言葉に元気づけられたり、勇気づけられたりした経験があるのではないでしょうか?

ReaLでは、本気で仲間と関わり、励まし合い、さらに社会人の先輩との深い関わりを持つことができます。実際、私はReaLに入ゼミしたことで、他地域のReaL生から将来へのビジョンを描くきっかけを得ることができました。

また、就活以外では、現在「教育ZOOM」という教育分野に特化したコンテンツをReaL内で主催したり、メイクや共通の趣味(例えば、アニメや映画、押しのアイドルなど)を持つ学生を集めた「ゆる女子会」を開き、他地域のReaL生や外部生とのつながりを広げたりと、全力でReaLを楽しんでいますよ!(笑)
 
今年度は「共に創る」をスローガンとする長野ReaLや全国やマレーシアの学生から新たな刺激をもらうことができるReaLに、ぜひぜひ見学に来てくださいね!!

2020年度 長野ReaL副代表
西潟 瞳